nico’s VIEW

ミケランジェロ すごいかも

2022年1月27日

こんにちは

 

 

あんじゅです☺︎

 

 

 

前回の続きです。

 

 

 

 

作品の進行に大きく関わるシーンに登場したミケランジェロ のアダムの創造。

 

 

 

この作品は、神が作った最初の人類

 

 

 

 

アダムとイヴのアダムが誕生する瞬間が描かれています。

 

 

 

 

左に横たわり、脱力気味に手を伸ばすのがアダム

 

 

 

 

右で天使のような精霊を連れ力強く指を差し出しているのが神です。

 

 

 

 

アダムは最初の人類として神が作った土の人形に息を吹き込み誕生したと言われています。

 

 

 

 

この作品には今まさにアダムに命が吹き込まれる瞬間が描かれているのです。

 

 

 

 

神が服を着てマントを羽織っているのに対し、

 

 

 

 

アダムは服を着ていませんし、それを恥じる様子がないことからも

 

 

 

 

まだイヴとは出会っておらず、知恵の実も口にしていないことがわかります。

(そもそもイヴはアダムから作られます。)

 

 

 

 

 

このパロディーが映ったシーンの後、メリダ は魔女に店の商品を全部買う代わりに

 

 

 

 

 

お母さんを変えてほしい』とお願いします。

 

 

 

 

前回すこし書きましたが、この時メリダ と母親は喧嘩中で互いにわかり合おうとせずに決別している状態です。

 

 

 

 

この後メリダ は魔女から受け取ったお菓子を持って改心したフリをして家に帰ります。

 

 

 

 

もちろん母親は心配した様子でメリダ を迎え入れお菓子を受け取ります。

 

 

 

 

 

この後かなり苦しんだ母親は熊の姿に変えられてしまい言葉も話せず時折人間としての理性を失うまでになりました。

 

 

 

 

そして最悪なことにメリダ の父であり母親の夫の国王は熊狩りの天才で鼻も利くようです。

 

 

 

 

 

 

分裂する母と娘、今にも触れそうな神とアダムの手、修復されるかと思った母と娘の関係や理性を失い戸惑う妻と妻を狩ろうとする夫(?)

 

 

 

 

全てが絶妙な距離感だなと思いました。

 

 

 

 

必ずしも良いことが起こるとは限りませんが、その交わりが家族や世界に大きな変化をもたらすことは時々ありますよね。

 

 

 

 

そんなことを予感させるためにこの作品を登場させたのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

結局メリダ と母親は協力の末、元の姿に戻り

 

 

 

 

 

 

今までの古い伝統を打ち破ることで新しい世の中に変えていきたいとお互いを認めました。

 

 

 

 

 

メリダ と恐ろしの森自体も面白い作品でしたが、

 

 

 

 

 

 

アダムの創造も調べるとかなり面白い作品でした。

 

 

 

 

 

神の纏っているマントがなびく方向や髪のなびき方から、画面の左側から右側に向かって強い風が吹いていることがわかります。

 

 

 

 

 

しかし、神の左側のマントは風の流れに逆らうように膨らんでいますよね。

 

 

 

 

このマントは引きでよく見ると、人間の脳の断面図になっているそうです。

 

 

 

 

確かにそう言われると脳に見える気がします。

 

 

 

 

この作品が作られた1511年頃に鮮明に脳の断面図とわかる絵が書けるほど進んだ解剖学の知識がああたことにも驚きました。

(1500年代後半は西洋では解剖学ブームだったみたいですが日本は200年遅れで杉田玄白などが登場。)

 

 

 

 

ここまで調べてみて、ひとつ思ったことは

 

 

 

 

神はなぜ服を着ているのか?でした。

 

 

 

 

アダムはイヴと出会い知恵の実を食べたことから羞恥心という感情が芽生えたと言います。

 

 

 

 

 

これは神的には大罪とされているようですが、

 

 

 

 

神、服着てるなと気になってきました。

 

 

 

 

 

もう少し勉強してこの謎を解明したいと思います。

 

 

 

 

 

話題が飛び飛びになってしまいましたが最後まで読んでくださってありがとうございました☺︎

 

 

 

 

 

良い週末をお過ごしください☺︎

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事