nico’s VIEW

メトロポリタン美術館が東京に!

2022年2月10日

 

 

 

みなさんこんにちは☺︎

 

 

 

 

あんじゅです!

 

 

 

 

先日、2月9日から国立新美術館で

 

 

 

 

『メトロポリタン美術館展』が始まりました!

 

 

 

11月に先に大阪で開催された展覧会だったので

 

 

 

情報が開館されてから東京に来るのをとても楽しみにしていました。

 

 

 

 

こういう時に、東京に住んでいて良かったなと思います。

 

 

 

メトロポリタン美術館の改装に伴い開催される今回の展示会ですが

 

 

 

日本初上陸の作品がたくさん来るみたいです。

 

 

 

 

この前のブログでリトルマーメイドに登場すると書いたマグダラのマリアを描いたラトゥールの

女占い師をはじめ、

 

 

メインビジュアルにも選ばれた

カラバッジョの音楽家たち、

 

 

個人的大注目の

ジャン=レオン・ジェロームのピュグマリオンとガラテア

 

フェルメールの信仰と寓意

 

更にだいすきなゴッホも来るみたいです!

 

 

 

中でもピュグマリオンとガラテアをこの目で見られるなんて楽しみです。

 

 

製作中の彫刻に恋する男と右に映るキューピッド

 

頭から段々と人間の姿になっていく女性の彫刻

 

 

こんなにロマンチックなシチュエーションどうやって思いついたのでしょう。

 

 

しっかり予習していきたいと思います。

 

ラトゥールの女占い師もとっても面白い絵で

 

 

 

 

 

右のお婆さんが占い師と言われています。

 

きちんとした服装の身分の高そうな男性を挟む2人の女性は占い師の仲間です。

 

 

男性の視線は占い師に一直線。

 

 

手元は上に向けて開かれた手と硬貨を手にする占い師。

 

 

 

料金を支払ってこれから占いが始まるぞというシーンに見えます。

 

 

ここで注目すべきは男性を挟む2人の女性です。

 

 

 

どちらも男性が身につけているものを知らんぷりしてとってしまおうという瞬間が描かれてます。

 

 

私は絵を見た時人物が描かれていれば、

 

 

真っ先に顔を見てしまうのでしばらくこの状況に気が付きませんでした。

 

 

冷たい視線を向け合っていた2人の意味がわかった瞬間ドキッとしてしまいました。

 

 

 

こんな言い方も申し訳ないけれど天才すぎると思ってしまいました。

 

 

実物を見たらきっとこの不気味な感じが伝わってくるんじゃないかなと楽しみです。

 

 

また感想書きたいと思います。

 

 

 

上野の美術館では最近復元されたと話題の

 

フェルメールの窓辺で手紙を読む女の展示会も始まるみたいです。

 

この復元のニュースを見た時に絵画の寿命について考えました。

 

 

もちろんプロのお仕事なので綺麗に、またあったように修復がされるとは思います。

 

 

でもそれが何年何百年と続けられた時、

 

 

どこまでが本来の姿でいられるか考えてしまいました。

 

 

 

見に行ったらまた書きたいと思います。

 

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

良い週末をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事