nico’s VIEW

この時期の対策

2017年6月25日

皆さん、こんにちは。

 

 

 

イタルです。

 

 

 

今日から関東でも雨が降ってきました。

 

やっと梅雨が来たって感じです。

 

湿気でうねりや、クセが出てきやすいですよね。

 

 

 

もちろん、縮毛矯正で、真っ直ぐにするのもありですね。

 

 

しかし、時間がかかってしまうので、お店にいく時間がなかったり。。。

 

忙しい方など、いると思います。

 

 

そんな時、簡単にクセやうねりを抑えられたら、良いですよね。

 

 

そこで、大事なのが、スタイリング!!

 

 

もちろん、ツルのブログでもお伝えしてる髪の乾かし方も大事です。

 

 

スタイリングで大事なのは、スプレー!!

 

 

スタイリング剤はヘアワックス、ヘアムース、ヘアジェルなどなど、

いろいろとありますが、ヘアスプレーは万能な機能を持っています。

 

特徴は、アルコールの揮発性で、すぐに乾き、手を汚さずにヘアセットができること。

 

一般的にヘアスプレーはアルコールに樹脂などのセット成分が配合されており、主成分であるセット樹脂の種類や噴霧パターンによって変わります。

 

まとめ髪などしっかり固めてキープするためのハードタイプ、

 

固めすぎずふんわりとした巻き髪スタイルにも使えるソフトタイプ、

 

固めずに髪の毛にツヤを出したいときに使うグロスタイプなど、

 

希望の仕上がりイメージによって使い分けができます。

 

さらに、“太い髪・細い髪・硬い髪・柔らかい髪”と様々な髪質に対応することができ、髪のタイプを選ばなくても良いんです。

 

そして、この時期は、天気が変わりやすく、急な雨による湿気で髪が広がってしまって困ったという人にもヘアスプレーがおすすめ。

 

方法としては、髪全体をブラッシングした後、髪の表面全体にスプレーし、次に髪を持ち上げて裏側にもスプレーします。

そして、スプレーが乾く前に髪の表面と裏側を軽くブラッシングするだけで湿気対策ができます。

 

スプレーが髪をコーティングし、湿気に強く広がりにくくすることができます。

ただ、固まってしまってからブラッシングをすると、抜け毛や髪のダメージになるだけでなく、髪の表面に白い粉が付着してしまうので要注意。

 

 

正しい使い方としては、

まず、髪から20cm以上離してスプレーをする。

近づけすぎると頭皮についてしまい頭皮トラブルの原因になってしまうことがあります。

 

一箇所に集中してしまうとバリバリになってしまったり、白く粉が浮き上がってしまったりしてしまうので、広範囲に薄くスプレーをするとキレイに仕上がります。

 

さらに、髪の外側と内側の両方にスプレーすることによってキープ力がアップします!

 

 

この方法で、ぜひ梅雨時期の対策として、やってみてください。