nico’s VIEW

あっという間 〜甘さに負けるな〜

2017年7月5日

どうも、中園です。

 

もう台風が出始めてますよ!!

 

[冷やし中華、始めました]的な感じで。

 

あー。冷やし中華食べたい!!!

 

 

っということで

今回は「あっという間〜甘さに負けるな〜」です。

 

最近、日があっという間に過ぎていきますね。

二週間しないうちに海の日です。

 

日差しもテンテンと照りつくす中

ちゃんと日焼け対策されてますか?

 

本当ならば季節関係なしに対策はするんですが

 

知ってますか?

軽く10年前の5月・6月の紫外線量と

今の1月・2月の紫外線量が

 

同じということを!!

 

そして、20分紫外線にあたりつづけると

一週間分のメラニン色素が作られるみたいです。

 

ただ、その一週間分がどのくらいなのかは・・・・人それぞれかと私は思いますが

 

だいぶダメージあるのはわかります。わら

 

ちなみにメラニン色素といえば

代表的に!!

*髪の色ですね。

あ!紫外線で黒くならないですからね!!逆に、髪も日焼けしちゃうので

乾燥・パサツキ・キューティクル損傷・枝毛・ちょっと茶色くなってくる

など [負の連鎖] がまとわりつきます。

 

あとは

*しみ・ホクロ

とかメラニン色素の大きくピックアップするなら、これぐらいですかね。

 

髪に関しては

トリートメントや流さないトリートメント・シャンプーなどでしっかりとケアが必要ですね

 

なんだかんだで

やっぱり綺麗な髪の人は綺麗ですからね。

出ますね!!その方の髪に対する扱いが・・・

 

 

なんなら!

お手入れ楽にしたいなら拘るべし

なりたい髪を手に入れたいなら拘るべし

もっとモテたいなら拘るべし

 

ですね。

っと言ってる私は結構面倒くさがりやですが

シャンプー・トリートメント・流さないトリートメントに関しては4種類拘って使ってます。

 

熱で反応するトリートメント

通常油と水で反発し合う仲を覆し、包み合えるトリートメント

しっとりストレートにするトリートメント

艶と香りが素敵なトリートメント

 

使い分けてます。こう見えて・・・・。

 

ただ、何もしてない時は大変でした。いうこと聞かない髪でした。[経験あり]

 

なので、美容室でトリートメントしたからといって、ホームケアを疎かにすると

4・5千円かかったトリートメント

水の泡です。だから、しても分からない状態になります。

 

ホームケア用を買うか

使ってるもののベストな使い方を教えてもらいましょう。

 

 

また、しみは・・・女性の大敵ですね!!

人はみんな、ターンオーバーをして肌をサイクルしてるのですが

 

赤ちゃんのお肌が理想とありますが

実際は未熟なためアレルギーが出やすいです。

アトピーの方もそうですね。

 

理想とされてるのが4〜6週間周期「28日」で肌のターンオーバーすることだそうです

 

加齢とともに

どんどん周期は伸びてきます。

 

なので、子供の頃より怪我なんか治りが遅くなりますね。

 

しみも蓄積されて、何年か後に

「こんにちは」

 

なんて!!来るので日頃からのケア大事です。

 

何もしない方が綺麗とはありますが、

日頃から気にはかけてるとは思います。

 

その方の中で、何もしてないということになるかもですね。

 

ちなみに私は

お化粧よりも基礎化粧品と下地に拘りがあります。

 

高ければいいってこはないです。

 

クレンジングは[ジェル]がオススメですね。

オイルや拭き取り・洗顔と同じなど・・・私の中ではないですね。

 

オイルはフライパンの油を油で撮るイメージですね。メイクは石油などだいたい入ってます。

天然系なら石油は入ってないですが、色もちが悪く・比較的に色が薄く・マットに仕上がるので大変お化粧直しが入りますね。

 

拭き取りはアルコールなので乾燥しますし・肌荒れしやすいです。落ちはいいのですが、私はメイク道具を拭いたりして使ってます。

 

洗顔・クレンジングですね。必要以上に油分をとってしまうので、後々、オイリー肌とか乾燥になりえます。

 

ジェルに関しては、医学で使われてたりするのがあります。ビタミンEが入っているなら尚更!!いいと思います。美容室や化粧品店・皮膚科にもあります。

肌荒れと隣り合わせの私たちやお医者さんに聞くのがベストな気がします。

 

乾燥は

日焼けしやすいのでご注意を!!

 

肌が綺麗な人は

まず!!乾燥してないです。

 

 

 

 

っと

自分に言い聞かせながら・・・笑

 

綺麗なお客様を見て思う今日この頃でした。