nico’s VIEW

進化の後ろには〜真心からの贈り物〜

2017年8月9日

どうも!中園です。

 

最近『親知らず』が右上に出てきだして

まさに今

 

 

めっちゃ痛い・・・・_(┐「ε:)_

 

去年は左。

今は右。

 

 

 

 

ということで

今回は私が感心した本をご紹介いたします

 

『ざんねんな いきもの事典』

もうサイの角はただのイボだなんて!!

キャッチフレーズが、すでに『ダサい』ですね。

 

これを読んで

やっぱり見た目のイメージで

だいぶ美化してますね。

 

蝶々の大好物とか花の蜜じゃないですからねー

 

でも私は蝶々の顔があまり好きじゃないので

嫌いな奴に関しては

『ほれ、こんな奴だな』で完結。笑

 

だた!!!

それだけがこの本の見所ではございません。

 

 

『進化』ですね。

全ての動物は環境に適応しながら進化しています。

 

馬にしても

キリンにしても

象にしても

もちろん、人にしても!

 

たくさんの命が犠牲になりながら

生きていくための

[命]

を繋いでいってます

 

今でも変わらない

動物たち私たちの

 

食物連鎖・弱肉強食

 

今の時代

『便利』『快適』『平和』

にしてきた[人]

 

小さな命を繋いでる動物や虫・魚たちと

 

本当に変わらないでしょうか?

 

 

逆に彼らは理性がないとは言わないですが

本能で生き、

[進化]をし続ける中で私たちと

 

本当に変わらないでしょうか?

 

 

だいぶ難しく考えてしまいましたが

 

『命』で思い上がる言葉に対し、私は変わらないと思います。

 

大事なものから敵を倒すためでなく、守るため

食べるものは奪うではなく、自ら獲る・捧げる

母親の優しさは甘やかすことではなく、突き放し自立させる優しさ

など

 

純粋に動物はできている気がしますが、人の中には当てはまらない方もいますかね。

 

また感じ方次第で見方も変わります。

 

 

最初は面白そうなとこから興味を持ってみるのもいいですよ

 

お子さんや周りの方に是非。

 

自ら得る道徳心や知識から知恵が生まれると思います。

 

かわいいショットの撮り方とか・・・笑。

ペットにしても、ふれあう機会があればあるほど、心優しくなりますね。

言葉が伝わらないので

知らぬ間に目線を合わせてふれあうようになるらかですね。

 

 

 

 

そして

うちのプーちゃんのサマーカット第3段!!!

スッキリめでちょっと小峠カットを離脱しながら・・笑

いや・・・離脱してない笑

「安定の坊主のツインテール」

 

相変わらず・・・かわいい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ぞっ!!

ずっとついて回ります笑。

 

こんな感じで

愛が溢れてクレイジーになります。

 

こんな小さくて、ギュッとしたら壊れそうな華奢な彼らを

優しく抱き締められます笑

 

また、愛情が伝わると求めてくる純粋さに惚れちゃいます。

 

いつも愛犬に必要とされる愛に、今日も溺れます笑

 

 

是非、動物たちと触れ合って見てください。