nico’s VIEW

物価の安い国での生活って、どのくらい王様になれる?

2015年6月14日

五反田駅30秒、美容室nicoをやっております、代表の宮下健太郎です。
3流ながらもがんばって美容業界にしがみついていこうと、日々考えを巡らせアンテナを張って生きています。

今日はペナンでの1日を紹介します。

まず、お泊まりのホテル。

ホテルというか、寝るだけなのでホステルですね。

一泊2400円の、超簡単なお宿です。

キッチンには何故か本棚が。

そして僕は2階の角のシングルルームに泊まっています。

おしゃれな階段を登り。。。。。部屋に到着。

汚く見えるのは、散らかっているせいです。

3畳くらいかな?シングルベッドにテーブル、椅子が置いてあります。

これでお部屋はパンパンです。

それにしても、2400円は安い。

そして、夕食。

宿の近くの屋台で食べてみました。

なんかの炒め物と1ヶ月くらい放置された卵の目玉焼き。(マレーシアの卵はまじで賞味期限が1ヶ月くらい。多分、生で食べる事がないから?)

そしてタイガービールの大瓶。

これで全部で400円くらいですね。

日本だと大瓶のビールだけで5〜800円くらいするので、安いですねー。

お腹さえ壊さなければ、すごく安いと思います。

そしてこれは、お店の隣にあるおしゃれなカフェのスムージー。

キウイのスムージーが、地獄のように大量で400円くらい。

これも安いですね。

表参道だと1300円くらい取られそうなサイズです。

日本に居るよりも、人間らしい生活。

忙しさは変わらないけど、なんだかのんびり時間が流れています。
これ以上の幸せはあるのかなとか、フッと思っちゃいますね。
のんびり生活して、のんびり食事をし、のんびり愛を語らい。。。。

圧倒的に似合わない生活ですけど、かなり貴族感は出ますね。
王様とは言わないけど、かなり貴族。

今の物価なら、毎月20万もあれば生活には困らないでしょうね。

毎月40万くらい使えたら、それはもう貴族でしょう。

毎月70万くらいで王様。

ペナンだと、そんな感じ。

思ったよりも現実的な金額でごめんなさい。

ってどの道、蟻のように働きますけども。ペナンでも、日本でも。

休むのは、もう少し後でね。

どうぞよろしく。