nico’s VIEW

記憶系ミステリー

2020年2月20日

 

 

 

 

 

はい!

 

 

 

 

 

 

こんばんは!キタハラです😇

 

 

 

 

 

ということで今週は最近読んだ本について

 

 

 

 

 

ピザポテト明太を食べながら読んだ本ですね、えぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誉田哲也

 

 

 

 

 

有名どころでは

 

 

 

 

 

ストロベリーナイトシリーズ

 

 

 

 

 

さて、あなたが愛した記憶

 

 

 

 

 

主人公はふたり、なんてことない、

 

 

 

 

 

人よりちょっと勉強が出来たり

 

 

 

 

 

要領がよかったりするただの女子高生、民代

 

 

 

 

 

彼女はある2人の人物を探し出す為に

 

 

 

 

とある興信所を訪ね、依頼をします

 

 

 

 

 

その興信所を営む曽根崎

 

 

 

 

 

 

 

物語はとある拘置所にいる曽根崎と弁護士との接見から始まります

 

 

 

 

 

 

1歳にも満たない赤ん坊を絞め殺した容疑で拘束されている曽根崎

 

 

 

 

周りの友人や彼を知る者は、彼に限ってそんな事をする人ではないと誰もが言う

 

 

 

 

 

ただ、彼は弁護士にも黙秘を貫きます

 

 

 

 

 

このままだと凄惨な殺人事件として成立、逮捕されてしまう

 

 

 

 

 

 

果たしてこの殺人事件の裏には何が?

 

 

 

 

 

女子高生民代の依頼の先には何が?

 

 

 

 

 

 

なぜ1歳満たない赤ん坊を………?!

 

 

 

 

 

という内容ですね、ざっくり!

 

 

 

 

 

 

記憶系です

 

 

 

 

 

皆さんは自分の記憶は、全部正しいものだと思っていますか?

 

 

 

 

 

人間とは結構脆く、記憶など脳が管理しているものに過ぎず、

 

 

 

 

 

 

脳が例えばどこかやられてしまえば簡単に記憶は改竄されたり、なくなったり、してしまいます

 

 

 

 

 

 

ミステリーにはもってこい

 

 

 

 

 

それだけでどんでん返し

 

 

 

 

 

若干のSF感ある記憶系ミステリーでした

 

 

 

 

 

誉田哲也さんの本は大変読みやすく

 

 

 

 

 

記憶がどうのこうのと書きましたが

 

 

 

 

 

まったく複雑ではない感じです

 

 

 

 

 

物語は最後まで行ってから

 

 

 

 

 

最初の興信所の曽根崎と弁護士の接見に戻る訳ですが

 

 

 

 

 

結構色んな種類のミステリーが好きなわたしでも

 

 

 

 

あーーーー、、、、、

 

 

 

 

 

 

となりましたやられました。。。

 

 

 

 

 

 

大変分かりやすい持っていき方をされる

 

 

 

 

 

面白いです!!!

 

 

 

 

 

面白くて久々に文庫本を一気読みしました、

 

 

 

 

 

身体が痛かったです笑

 

 

 

 

 

皆さんも何かお探しでしたら是非!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは今週みんなでたべたパンケーキ🥞

 

 

 

 

 

美味しかったです☺️

 

 

 

 

わたしの帰り道にあります

 

 

 

 

味をしめてしまいました

 

 

 

 

 

。。。。。。😱。。。☺️

 

 

 

 

 

では皆さんよい週末をお過ごし下さいっ

 

 

 

 

 

キタハラでした😇