nico’s VIEW

Beautiful boy

2020年5月1日

 

 

 

こんにちは!

 

 

キタハラです🔆

 

 

 

 

最近どうですか!

 

 

 

何か面白いことありました?

 

 

 

なんて事を当たり前に聞いていた日々を考えると

 

 

 

んーーーーーー。

 

 

 

皆さまのお身体に何もなく

 

 

 

健康でいらっしゃることを心から願っております。

 

 

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。。

 

 

自粛中のあれこれを聞けることを楽しみにしています☺️

 

 

 

 

 

さて!今日は先日観た映画

 

ビューティフル・ボーイ(2019)

 

いい詩に出会いました!

 

 

 

 

 

薬物依存の優等生(ウルトラ美形)息子とフリーランスライターの父親

 

家族が、再生を目指す物語です

 

 

フィクション

 

 

 

 

「すべてをこえて愛してる」

 

とポスターには書かれていますが

 

父親は息子に幼い頃から

 

“Everything.”

 

と、お前のすべてが、

すべてなんだと伝えます

 

 

 

 

主演は今をときめく若手実力派

 

ハリウッドの新プリンス

 

 

ティモシー・シャラメ!

 

 

君の名前で僕を呼んで(2017)が記憶に新しく

 

ラストの演技が絶賛されアカデミー賞主演男優賞ノミネート

(これもめちゃ語りたい)

 

他にもインターステラー(2014)

主人公の息子役、

お兄ちゃん役です!

 

 

 

 

あらゆるどの角度から見ても美形、

 

生きた彫刻

 

パーフェクト顔面俳優

 

ハンサムという言葉では生易しい

 

美の暴力、という文字も見かけました

 

(美の暴力………?)

 

 

 

 

 

映画のエンディングで

 

美の暴力が5分間もの間朗読した詩を、

 

本編に出てくる分だけご紹介します

 

 

作者の作品の中で

 

とりわけこの詩は明るい方だそうです

 

 

映画の中では

 

シェフ(息子)が大学の授業で

 

好きな詩を披露するところで使われています

 

 

 

たまには詩なんかを読んでみても

 

気分転換になるかもしれません!

 

 

全編は長いですが、

 

きっと読んでよかったと思えると思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Let It Enfold you”

(「包み込まれてみるといい」)

チャールズ・ブコウスキー

 

……………

 

 

Either peace or happiness,

let it enfold you

(平和または幸福

その姿を晒すがいい)

 

When i was young man felt

these things were dumb, unsophisticated.

(俺が若い頃は

それらはバカらしく、野暮なもの)

 

I had bad blood, a twisted mind,

a precarious ringing

(俺は憎悪で心がねじれ、

育ちも悪かった)

 

I was hard as granite,

I leered at the sun

(血も涙もない

太陽を横目で眺め)

 

I trusted no man and especially no woman.

(男など信じない

女はもってのほか)

 

I was living a fuck in small rooms,

smashed things, walked through glass, cursed.

(地獄の暮らし 狭い部屋

物を壊し 割れたガラスの中を歩く)

 

I challenged everything,

was continually being evicted, jailed,

(すべてに挑み

立ち退きを食らい 投獄され)

 

in and out of fights,

in and out of my mind

(ケンカをし 正気を失う)

 

Women were something to rail at,

I had no male friends,

I changed jobs and cities

(女を罵倒し 男の友はなく

仕事や町を変えた)

 

I hated holidays, babies, history, newspapers, museums, grandmothers, marriage, movies, spiders,

(休日を憎んだ

赤ん坊 歴史 新聞 美術館

ばあさん 結婚 映画 クモ)

 

garbage men, english accents, Spain,

France, Italy, walnuts and the color orange

(ゴミ収集人 英国鈍り スペイン

フランス イタリア くるみ オレンジ色)

 

algebra angered me, opera sucked me,

Charlie Chaplin was a fake and

flowers were for pansies.

(代数は俺を怒らせ オペラは吐き気

チャップリンはニセモノ

花はカマ野郎どもに)

 

 

peace and happiness to me were signs of inferiority,

tenants of the weak and addled mind.

(平和と幸福など 俺には劣等の証

弱く 乱れた心の現れ)

 

…………

 

 

 

 

 

 

 

Let it enfold you