nico’s VIEW

【元傭兵密輸人】ブラッド・ダイヤモンド

2020年5月21日

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

 

 

 

 

キタハラです☺︎

 

 

 

 

 

 

月末で自粛が終わるのか否か、

 

 

っていうところですね。。

 

 

 

 

 

いずれにせよ第二波っていうのは来るんでしょうね。。

 

 

 

 

夏のマスクが辛すぎて

 

 

辛すぎて

 

 

収束を切に願うばかりです…

 

 

 

 

さて!

 

本日は最近お勧めされた映画

 

 

『ブラッド・ダイヤモンド』

 

 

 

主演はもちろんレオナルド・ディカプリオ

 

 

 

 

 

 

観てから思ったのですが

 

 

nicoの映画棚にありましたね、

 

 

所々見かけたシーンがあったのでびっくりしました!

 

 

結末は知らなかったので良かったです

 

 

 

 

 

 

ざっとあらすじ

 

 

 

 

 

1999年、アフリカのシエラレオネ共和国

 

 

ダイヤの密輸のため国内で紛争が絶えず

 

 

中でも政府軍とRUF(反政府軍、革命統一戦線と呼ばれる)の内乱は

 

 

多くの犠牲者を出し

 

 

多くの難民を生んでいた

 

 

漁師であるソロモンはある日RUFの攻撃を受け

 

 

ダイヤの採掘場に連れていかれてしまう

 

 

そこで彼は通称ピンク・ダイヤと呼ばれるダイヤを発見し隠す

 

 

噂を聞きつけたダイヤの密売人、

 

 

アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は彼に接触を試みるが。。。

 

 

 

 

 

 

と、いう内容になっております

 

 

中でも村を反政府軍が襲撃する場面は結構ショックで

 

 

今でこそ平和が訪れたというシエラレオネですが

 

 

この瞬間、どこかの地域ではいまだに紛争が続いています

 

 

 

 

 

 

 

反政府軍の存在、激化

 

増え続ける少年兵

 

住む場所を追われる人々、難民

 

報道の規制

 

大手企業の裏の顔

 

 

 

 

 

 

ダイヤの密輸の他にも様々な問題が描かれていて

 

 

非常にメッセージ性の強い映画となっております

 

 

 

 

 

 

最悪知らなくても生きていけること

 

 

 

 

 

 

日本は平和な国で、

 

 

所々内戦が勃発している国ではありません

 

 

たとえ2時間半の映画を観ても、

 

 

全てを知れる訳ではありません

 

 

あらゆる事象のほんの1ケースです

 

 

 

 

 

アフリカの内情を調べ勉強する方はごく一部でしょう

 

 

私は何にも知りません

 

 

たとえばこの映画を観て今、私が出来ることは

 

 

“消費者として高価なダイヤ”を買わない、

 

 

という選択を一生する事だけ

 

 

 

 

もしこの映画を観なかったら

 

正規品がもしかしたら非正規であることや

 

裏ではダイヤの売買に関係ない方々が

 

争い亡くなっているということは知りませんでした

 

 

 

 

 

いい映画でした!

 

 

お勧めです!

 

 

グッと来ます

 

 

 

 

私がさらにレオナルド・ディカプリオに個人的な感情があるので

 

 

もうめちゃめちゃです

 

 

元傭兵なので拳銃と銃を駆使するシーンは巻き戻して何回か観ました

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今週もよい週末を!😇

 

 

手洗い、うがい頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

キタハラ😇